長くご自宅で自立した生活が送れるように、公平中立な立場によりケアプラン作成を行います。

要介護認定・更新の申請代行

  ご本人やご家族ができない場合に要介護認定や新規・更新申請の代行を行います。

要介護認定や更新時の認定調査  

  保険者から依頼を受けて認定のための調査を行います。調査は認定調査員の資格を持った介護支援専門員(ケアマネージャー)が行います。

居宅サービス計画(ケアプラン)の作成

  ご利用者様のご自宅を訪問し、ご本人またはご家族等より心身の状況・状態やご希望をお聞きし、可能な限りお住いで可能な限り自立した
  生活が送れるように、介護保険サービスの選定と調整連携を行い、居宅サービス計画書(ケアプラン)原案を作成いたします。

  作成された居宅サービス計画(ケアプラン)原案はサービス担当者会議において審議いたします。
  この会議には、ご利用者様、ご家族、利用サービス事業所、場合によっては主治医(医療機関)や行政関係者を招集し、ご利用者が希望し、
  自立した生活ができる内容を決定していきます。

  サービス担当者会議を経て作成された居宅サービス計画(ケアプラン)にご利用者様またはご家族様に説明をし同意をいただいた日より、
  各サービスの利用が開始されます。

モニタリング・評価

  1か月に1回、ご利用者様宅を訪問し、モニタリングを実施いたします。
  モニタリングとは、居宅サービス計画に定めた短期目標の達成状態や各介護保険サービス事業所の支援実施状況等をお聞きすることです。
  また、1年の期間として定められる長期目標について1年毎に、ご自宅を訪問し、目標達成状況や満足度、自立した生活が送れているかなど
  状況を確認する評価を実施します。

相談

  当事業所を利用されている方はもとより、地域の方々を含めて介護保険人限らず相談に応じます。
  相談内容により、各関係機関と連携を図ります。